« 2017年5月 | トップページ | 2017年7月 »

2017年6月

2017年6月 2日 (金)

隔世の眠りと三角館の猟奇歌 全曲解説②

④花風月

花鳥風月から唯一の生命体である鳥だけが逃げだした
静と動、正気と狂気のコントラストの世界を歌っています。
この曲も後期ハーディガーディの曲で後期SCISSORSでもよく演じていました。
もれなくハーディガーディ版のデモが存在するのでこれもまたいつか。

いやM or Gもこれも五人のハーディでやっていたから後期ハーディというわけでもないな。

ハーディガーディ初期は白塗りやスカートもやめて地獄絵路線をあえて封じていたけど
やはりやりたいことをやりたいと白塗りやスカートを復活していった五人時代の後期の曲というのがしっくりくるか。

⑤BURLESQUE
こちらももれなくその時期のハーディ時代の曲。
つまり今回のSE的なものを省いた四曲中三曲は5人体制のハーディガーディ時代の曲。

ハーディのディスコグラフィーにある一枚のみの1stCDの曲がこれ。

地獄絵との区別をはっきりさせようと作った曲だったのに
何の因果か結局地獄絵として初リリースすることになったという。

ただし初期のバージョンはin quietの五連符部分がただの6/8拍子だったけど
後に某Z○○Sの曲で同じようなフレーズを見つけ、これはダメだなってなって
復活地獄絵でやるにあたってその部分を五連符に変えたという。

後半の名前部分は見世物では名前カードをばらまきながら一人ずつ呼んでいくという
演出をしていたので名前カードを全部集めた人は願い事をひとつ叶えるというルールもあったり(笑

今まで全部集めたのはただ一人だけ。すごい。


もともと名前を覚えられないから書いて読みながらばらまいていたのですが
もう全部覚えたので最近はカードをまいてませんのでもうコンプリートできないかも(笑
だから当然この曲もハーディ時代のデモがあります。


いずれ隔世の眠りの四曲のデモ集でも出しますかね。


⑥隔世の糸
はい。隔世の糸です。正しくは。

これ、やってしまいました。CD納品後にえーーーーーーってなったのですが
隔世の針って全部なってました...。
やってしまった...。


ずっと隔世の針と思いこんでしまっていたみたいです。

ロイド君に渡した原稿にもそう書いてましたから...。
元がつむぎの糸のアウトロそのままですから糸じゃないといけないのです。
皆様この針をこれから糸と空目していただければありがたいです(笑


ちなみにこれ再録ではなく当時の録音からそのまま使ってるんですね。

最後の目覚めることはなかったかもしれないだけが2016年の声で
それまでは1997年の声なのです。

つまりこの一曲で20年のタイムトラベルをしているわけです。


声は老けてますかね...どうです皆様??

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2017年5月 | トップページ | 2017年7月 »