« 2018年7月 | トップページ

2018年10月

2018年10月28日 (日)

回顧録⑤中学生時代~Another Side~

あとはそうやってプログレにはまる一方オシャレ~な音楽、当時のジャンルでいうならジャズフュージョン、今も言うのかな(笑 時代的に流行っていたのでそっちにもはまりましたね。
Shakatak、Mezzoforte、FRUITCAKE、国内ではTHE SQUARE(あえて"THE")
あとは、LEVEL42とかはたまたThe Manhattan Transferとか。

なかなか意識高い音楽を好んでいた貴重な時代ですがその流れがあったから
クラッシックとか吹奏楽とか興味が出てきたりしたんだろうな。
SAXという楽器を初めて認識したのもチェッカーズではなくTHE SQUAREだったし
その証拠に高校に入って吹奏楽部でSAXプレイヤーとなり
定期演奏会でTHE SQUARE -IT'S MAGICをやってソロも吹いたのだ!
ちなみに大学の軽音楽部でもSAXでTHE SQUAREのコピーバンドでIT'S MAGICを
吹いてたり、どんだけ好きやねん。
リリコンとかいううさんくさい楽器を本気で欲しがっていたり
チョッパーベースってなんやねんって思っていた中学生時代...いい思い出だわ(笑

特にShakatakははまったなーというかあの当時音楽を聴いてたリスナーはみんな洗脳されたろうな(笑
NIGHT BIRDS、INVITASIONとか今聴いてもやはりすばらしいなー。

この頃培ったこっちの音への興味がこれ以降の私の好みのバランスを保っていたように思うね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年10月22日 (月)

回顧録④小学生時代続き~中学生時代へ

時はまさに80'sニューウェイヴ時代です。

このころのラジオは今でいうところのYouTubeのようにお金もかからず
自分の知らない音楽を無限に聴くことのできる夢の世界でした。

FMファンとかFMレコパルとかそういうエアチェックユーザー向けに番組表や
かける曲を載せていた雑誌が数種類あったんですよ。
私はレコパル買ってましたが付録のオリジナルのイラストや写真のカセットレーベルを
めっちゃ使ってましたね(笑
年代別音楽で調べてみると1981年までは邦楽メインでしたが、1982年から少しずつ、1983年にばどっぷり洋楽にはまっていたようです。
初めてLPレコードを買ったのは結果的に1982年発のABC「The Lexicon of Love」
これはもともと兄が買うはずのLPでして私は
もともと同じく1982年の Asia『詠時感〜時へのロマン』 を買いに行ったのだけど
直前になってオビが金色だったことでなんか不良ぽいという良く分からない理由で
拒絶し、急遽兄と交換して私がABC、兄がAsiaを買ったんだ。

この時Asiaのメンバーたちがこんなにすごい方たちとはこれっぽっちも知らなかったのですが(笑

かくしてDURAN DURAN、カルチャークラブ、Journeyとか、マイケルジャクソンとか当時の
流行のレールの上をここから1984年までは走り続けるのでした。
転機はYesの「90125」。これももちろん過去のYesなど知らず
このメンバーたちの偉業を全く知らずに聴いて好きになり
ある日エアチェックでYesの知らない曲がかかるから聴こうと思い聴いたのが
Roundaboutだった....。
衝撃だった...。

良く見るとAsiaに元Yesのメンバーと書いてある...
さらにホラー映画は既に大好きだったのだが、めちゃ好きな映画「バーニング」のサントラの作者リックウェイクマンも元Yesだと知る...
点と線がつながり70'sへのタイムトリップが始まる。

1985年にはもう既に当時流行りの洋楽、邦楽ともに殆ど聴いてない(笑

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2018年7月 | トップページ